二日酔いになりやすいならウコンを飲んでおこう

二日酔いを予防

男性

年末になると、様々なところで忘年会が行われます。忘年会といえば酒が入るのが当たり前になってきていますが、お酒を飲み過ぎてしまい二日酔いになってしまう人も少なくありません。二日酔いになってしまうと、かなり体調が悪くなり集中力がなくなるだけでなく頭も痛くなりますので、できれば二日酔いは避けたいところです。これを防止するための方法の一つに、ウコンを吸収するというのがあります。ウコンとは、ショウガ科のもので、温かい地方でしか育たない植物です。主に東南アジアなどで栽培されていますが、日本で言えば沖縄県や鹿児島県の一部の地域で栽培されているのみとなります。ウコンのドリンクなどがテレビコマーシャルで放送されていることがありますが、お酒を飲む前にウコンを体に吸収すると二日酔いになりにくくなります。ではなぜ、ウコンは二日酔いを防ぐことに期待できるのでしょうか。その理由を解明すると、ウコンには胆汁の働きを助ける力があります。胆汁が胃の中で広がると、二日酔いを防止することが可能になります。このような理由から、ウコンはお酒を飲んでも翌日に気持ち悪くなったり、頭が痛くなったりすることを防ぐ効果が期待できます。では、どのタイミングで飲んだらよいでしょうか。一般的にはお酒を飲む前に摂取すると効果的だと言われていましたが、お酒を飲んだ後でも問題ありません。ただし、お酒を飲んだ後の場合は、早めに摂取することを心掛けましょう。