二日酔いになりやすいならウコンを飲んでおこう

肝臓に機能を促す

ウコン

香辛料として知られる

カレーなどに利用されているスパイスのひとつであるターメリックとは、ウコンのことです。東インド地方が原産地として有名で、熱帯から亜熱帯にかけて自生している植物のひとつです。ウコンの主成分であるクルクミンと呼ばれる物質は、ポリフェノールの一種であり、肝機能を高める働きがあるとされています。また、胆汁の分泌や解毒作用を促進するとも言われており、このことが飲み過ぎに効くと言われている理由です。アルコール類を摂取した際、肝臓で分解されますが、肝機能が低下していると分解能力も低下してしまいます。すると頭痛や吐き気などの二日酔いが引き起こされてしまいます。アルコール類は適量を守ることが大切ですが、少しでも肝臓の負担を軽減させるためにウコンの摂取は推奨されているようです。肝臓は人体において非常に重要な臓器のひとつであるため、日頃からいたわる意識を持っておくことは大切です。ウコンに含まれるクルクミンは抗酸化力が強力で、肝臓の解毒機能を強化してくれます。よくお酒を飲むという人はウコンの摂取を心掛けてみるのも良いでしょう。またウコンは、サプリメントなどで摂取することができます。飲み過ぎたと感じたときには、サプリメントなどとともに水分を多めに摂って解毒を促してあげると良いでしょう。お酒を飲む際には、ターメリックが含まれるスパイス系のおつまみなどを意識して選んでみるのも良いかもしれません。